どうしてわざわざハワイで会社を設立したの?
 

理由は、2つあります。

  1. ハワイで株式会社を設立すると、資本金の額や役員の人数に規制が無く設立登記なども非常にスピーディだからです。(関心のある方には、代行会社をご紹介いたします。)
  2. 将来は、ワールドワイドでネットビジネスを展開したいという夢があります。海外に本社と銀行口座を保有している事は、大きなメリットなのです。
   
何故、22年間も勤めた会社を辞めて独立したの?
 

理由は、2つあります。

  1. もともと独立願望が強かったからです。
  2. 今まで22年間、不動産部門の責任者として積み重ねてきたことが、世間で通用するかどうか確かめたかったのも事実です。
   
ハワイの不動産も紹介してもらえますか?
  日本国内だけです。ハワイ州のコンドミニアムや一戸建てを仲介するには、ハワイ州の免許が必要となります。
   
栃木県知事免許では初めてとの事ですが?
  その通りです。外国法人の日本支社でこの免許を取得したのは、
第一号です。
   
栃木県知事免許では、栃木県内だけが営業エリアですか?
  いいえちがいます。宅地建物取引業の免許は、知事免許と大臣免許の2種類がありますが、営業可能なエリアは、日本全国が対象です。
   
ネットで、様々な相談を受け付けるというけれど、遠隔地でも大丈夫?
  今まで22年間、住宅会社の不動産部門で様々な企業とお付き合いをさせて
いただきました。それらのネットワークが活かせると考えています。
どうしても対応できない場合は、早めにご回答させていただきます。
   
日赤の特別社員とは何ですか?
  弊社は、まだ設立したばかりの会社ですが、単なる利益目的で創業したのではありません。様々な企業の不祥事が紙面をにぎわしていますが、弊社は社会のためにいかに貢献するかという事を考え、微力ではありますが『日本赤十字社』の活動を支援する事によって、社会のお役に立とうと決心したのです。決算期で計上した利益の一部を、寄付(これを社費といいます)致します。
   
取引銀行はどちらですか?
  りそな銀行、足利銀行、栃木銀行です。
   
売却依頼をしたときの査定金額は、固定的なものですか?
  弊社で査定させていただいた金額に基づいて、情報を公開しながら購入希望者を探すわけですが、最終的な契約(売却)金額は売り手と買い手の協議により、多少の増減が予想されます。何故なら、売り手は少しでも高く売りたいですし、逆に買い手はできる限り安く購入したいと考えるからです。ご両者の仲介者として、弊社が調整役を致します。
   
メールのやりとりだけでは不安です。実際に会って商談をしたいのですが?
  不動産の売買やコンサルは、消費者にとっては最も高額な取引となります。
これらすべてをメールで解決する事は困難ですし、適切な方法ではないと考えられます。また、署名捺印が必要な書類もあって、実際にお会いしての商談も欠かせませんし、郵送で書類をお送りするケースもあります。ご商談の流れの中で、大切な要所では実際にお会いして、わかり易くご説明をさせて頂きたいと思っております。
   
仲介手数料の基準を教えて下さい?
  不動産の取引における仲介手数料は、法律で限度が決められています。しかし、一般の消費者からはなかなか実態が見えないかも知れません。何故なら、取引金額(契約金額)によって増減するため、契約が確定するまでは手数料の額を教えてもらえない場合が多いのです。(ちょと変ですネ!)
仲介手数料の基準は、3%+6万円+消費税ですが、これだけでは良くわからないと思います。そこで、弊社ではメールのやり取りが『3往復くらい』した段階で、将来発生する手数料の額を前もってご提示いたします。もちろん、多少はサービスさせて頂くこともできると思いますので、お気軽にご相談願います。