不動産投資

300万円から可能な不動産投資
超低金利が続いていますが、預金から株や投資信託に資金を移しかえる人が増加しています。
ペイオフ解禁対策で1000万円以下に分散して複数の銀行に預けることもあたりまえになりました。

ここで見直したいのが「安全」で「有利」な≪不動産投資≫です。

マンション投資による資産形成の例
マンション投資とは?
マンションを購入し、そのマンションを賃貸する事により家賃収入を得ていく事をマンション投資、もしくはマンション経営と呼びます。建物一棟全部ではなく、一部屋(一室)でもマンション経営になります。
例えば、自己資産300万円で1000万円のマンションを購入し、賃貸するケースを考えてみましょう。
マンション一室を購入し手取り収入を得るまでの流れ
・ローン完済後は家賃がそのまま手取り収入に!
・自分に合ったプランを相談できるから安心。

購入金額 1,000万円
自己資産 300万円
借入金 700万円

年間収入
家賃収入(月額) 一ヶ月の賃料 90,000円
家賃収入(年額) 賃料×12ヶ月 1080,000円
年額家賃収入   合計1080,000円

年間支出
ローン返済(月額) 55,000円
ローン返済(年額) 合計660,000円

年間手取り収入
差し引き金額 (年額) 合計420,000円
(月額35,000円 X 12ヶ月)

利回り
年間手取り収入÷300万円(投資額)=14%(利回り)

仮に全額自己資金で購入した場合は、ローン返済がゼロで

年間手取り収入÷1,000万円(投資額)=10.8%(利回り)

※金利等の最新状況については、弊社までお問合せください。


不動産投資成功のポイントは?
  1. 管理状態の良い物件(例:24時間管理人が常駐)を購入する。

  2. できれば分譲用に建設されたものを購入して賃貸する。
    なぜならば、賃貸用に建設されたものよりグレードが高い。

  3. 入居者の需要が多く、法人契約で安定した契約が見込める物件が良い。

  4. 賃貸管理業務を、忠実に行う業者に委託する。



あなたにピッタリの投資物件を1
お名前(必須)
住所(必須)
Eメール(必須)
ご投資額
ご希望利回り
希望物件所在地 特にない